パナソニック電動自転車ギュットアニーズとギュットクルームの違いを比較!どっちがおすすめ?

電動自転車

お子様を乗せて走る自転車は安全性や機能性が求められます。

パナソニックの電動自転車「Gyutto(ギュット)」シリーズは運転する親御さん、乗るお子様のことも考えられた機能が充実した自転車です。

今回はその中でもギュットアニーズギュットクルームの違いを比較していきます。

大きな違いとしてはギュットクルームにはカルパワードライブユニットが搭載されているという点です。

パワフルなアシストはそのままに2軸モーターとしては業界最軽量というモーターが搭載されています。

その違いによってどういった働きがあるのか、他の機能の違いなど詳しく紹介していきます。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


ギュットクルームはこちら↓↓↓


ギュットアニーズとギュットクルームの違いを比較!

ギュットアニーズとギュットクルームの違いは6つあります。

ギュットクルームにはカルパワードライブユニットが搭載されている

ギュットクルームにはクルームリアシート、ギュットアニーズにはプレミアムリアチャイルドシート搭載

ギュットクルームのバスケットはワイドパイプ樹脂バスケット、ギュットアニーズはパイプワイドバスケット搭載

液晶スイッチの違い

ワイヤ内蔵アルミフレームの形の違い

ギュットアニーズのライトはリトルLEDビームランプ2搭載

まず1つ目のカルパワードライブユニット搭載という点ですが、軽量化という点では従来のモデルよりも約900g軽量化されています。

また、漕ぎ出しや坂道などシーンに合わせてパワーをアシストしてくれる機能があります。

アシスト力を調整して漕ぎ出しの急発進を防ぐことや、従来の電動自転車では坂道はギクシャクになりがちなペダリングをなめらかに力強くアシストしてくれる機能です。

カルパワーによってペダリングが軽く、アシスト力が強くなるという利点があるのです。

次にチャイルドシートの違いですが、ギュットクルームのクルームリアシートはサンシェードの標準装備でお子様を日差しから守るほか、快適性や乗せ降ろしのしやすさが考えられたものでもあります。

一方のギュットアニーズのプレミアムリアチャイルドシートですが、巻取り式シートベルトが採用されていて車のシートベルトのように調整がしやすい仕様となっています。

また、5点止めベルトと肩パットでしっかりとお子様を固定できるほか、チャイルドシートの背面にポケットが搭載されているのでレインコートやタオルを収納することができます。

ギュットアニーズのプレミアムリアチャイルドシート

多くなりがちな荷物を入れるバスケットですがギュットアニーズのバスケットは高さ約260mm×奥行約330mm×幅約400mmの大型ワイドバスケットです。

ギュットクルームも高さ約230mm×奥行約330mm×幅約450mmと大容量なのですが、パイプが樹脂でできており荷物を傷つけないよう配慮されています。

次は液晶スイッチの違いについて説明します。

ギュットクルームの液晶スイッチは軽量化されスマートなデザインになっており、表示もバッテリー残量、残り走行時間、残り走行距離、とシンプルでオートライト機能付です。

一方のギュットアニーズは表示機能の内容は同じですが、ライトON-OFFスイッチ、オートメモリー機能、バックライト常時点灯など多機能となっています。

また、エコナビという機能が搭載されており走行条件でアシスト力を自動的にコントロール、1回の充電で長距離走行を可能にして省エネな運転ができるという機能です。

省エネ運転中にはランプでお知らせしてくれます。

違い5つ目のアルミフレームですが、ギュットアニーズは乗り降りしやすい低めの設計で外観がスッキリとしていて、ギュットクルームはU型になっていて足通りが低い位置になるよう優しい設計となっています。

ギュットクルームU型アルミフレーム

どちらも低めではありますが形が違うので、見た目のデザイン性やその人によっての使いやすさなど、好みで個人差があるかと思います。

最後にリトルLEDビームランプ2ですが、リフレクターという反射板のようなものが一体型になっていて、広範囲を照らすというものでこれがギュットアニーズには搭載されています。

違いについて説明してきましたがどちらもバッテリー容量や充電時間は変わりません。

またタイヤの太さも同じで安定性は充分かと思います。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


ギュットクルームはこちら↓↓↓


ギュットアニーズはこんな人におすすめ

プレミアムリアチャイルドシート搭載のギュットアニーズはお子様をしっかり固定できることや、ベルトが扱いやすく調整しやすいという点で動きに落ち着きがない年ごろお子様におすすめです。

自分でベルトを外してしまう危険性やベルトのゆるみで遊びができて動いてしまっては、運転に支障がでることかと思います。

また、ギュットアニーズに搭載されているリトルLEDビームランプ2は夜間の運転に最適といえるでしょう。

広範囲を照らしてくれるので自動車にも気づかれやすく、自身の運転も見やすくなるかと思います。

障害物にも気づきやすくなり夜間の暗い道路でも安心して運転できることでしょう。

エコナビ機能の搭載で、一日の移動距離が長い方やこまめな充電が煩わしいという方にもおすすめです。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


ギュットクルームはこんな人におすすめ

やはりギュットクルームの最大のポイントはカルパワードライブユニットの搭載です。

地域柄坂道や不安定な道路が多い方におすすめです。

また、お子様を簡単に乗せおろしできるよう考えられたモデルなので少し成長したお子様でも乗せやすいかと思います。

走り出しも安全にアシストしてくれるので成長した多少体重のあるお子様でも、カルパワードライブユニットがあるので安心です。

また前方にもチャイルドシートを取り付けて2人のお子様を乗せたいという方にも、軽いパワーで強くアシストしてくれるギュットクルームはおすすめです。

ギュットクルームはこちら↓↓↓


ギュットアニーズとギュットクルームの違いを比較!どっちがおすすめ?

違いを比較してきましたが調べてみると今回紹介しきれないほど他の機能も多く、ギュットシリーズは乗る人のことが考えられている優しい電動自転車ということを改めて感じました。

色のバリエーションもギュットアニーズとギュットクルームでは違いますが、どちらも街になじむ可愛い色合いです。

多機能で見た目のデザイン性も良いとなるとどちらの自転車にしようか迷ってしまいますが、今回の比較をぜひ参考にしてみてくださいね。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


ギュットクルームはこちら↓↓↓


さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
電動自転車
noguchiをフォローする
わたしのオススメアイテムをご紹介します♪
タイトルとURLをコピーしました