アビエンマジックグリルとブルーノコンパクトホットプレートの違いを比較!どっちがおすすめ?

ホットプレート

家に一台あると便利な家電の一つがホットプレートです。

焼肉やお好み焼きといった定番の料理から、チーズタッカルビやチーズフォンデュといった最近流行りの料理もホットプレートで作るアレンジレシピがあります。

このことにより家にホットプレートがあると料理の幅が広がり、家で友達を呼んでパーティーをするのにも適しています。

その中でも人気のアビエンマジックグリルブルーノコンパクトホットプレートはそれぞれに特徴があります。

この記事ではその違いについて比較してまとめています

アビエンマジックグリルはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこちら↓↓↓


アビエンマジックグリルとブルーノコンパクトホットプレートの違いを比較!

アビエンマジックグリルとブルーノコンパクトホットプレートの違いは大きく5つあります。

  1. 本体の形状
  2. 付属のプレートの種類
  3. 温度設定の段階数および最低温度
  4. プレート表面の加工
  5. サーキットヒーターの密度

まずはじめに「本体の形状」から説明します。

アビエンマジックグリルは、薄いプレートの下に脚を左右に2本取り付けるという非常にコンパクトな形状です、これは革新的ともいえる作りです。

プレートの下に空間ができるというイメージといえば分かりやすいかもしれません。

プレートの大きさは横40cm×縦30cmで厚さは3.3cm、スタンドの高さは約20cm。

重さは2kgで解体して収納すれば場所もそこまでとることがなく、軽いので取り出しが楽かと思います。

一方のブルーノコンパクトホットプレートは、従来のホットプレートと同じくヒーター付きの本体にプレートを乗せる形状です。

本体の大きさは横37.5cm×縦23.5cmで高さは14cmで、その名の通りコンパクトなサイズ感です。

また蓋も付属しているため蒸す工程のある料理をすることができ、使用後はすべての付属品を本体にしまうことができてまとめて収納できます。

次に「付属のプレートの種類」ですがアビエンマジックグリルは黒い特殊なプレート一枚です。

そのプレートは平らな形状で側面の淵はないので、汁気の多いものや混ぜて作るような料理は不向きかもしれません。

ブルーノコンパクトホットプレートは平面プレートとたこ焼きプレート(大玉24個分)の2種類です。

その日作る料理に合わせてプレートを変えることができます。

次にホットプレートにとって大切な機能「温度設定の段階数および最低温度」についてです。

アビエンマジックグリルが弱:180〜200℃と強:250℃の2段階で温度を設定します。

ブルーノコンパクトホットプレートは温度設定に段階がなく、保温:65℃~80℃から高温:190℃~250℃までつまみで好きな温度に調整することが可能です。

プレート表面の加工」も異なり、アビエンマジックグリルは独自のコーティング技術を採用しています。

油なしでも食材がくっつかず、それは感動するほど食材がツルツル滑るとのことですが出る煙が少ないことやヘルシーな仕上がりになることなど、油を使わないメリットはたくさんあります。

ブルーノコンパクトホットプレートの加工はフッ素樹脂コートで、これにはくっつきの防止や摩擦の低減などの効果があり、よくフライパンなどに使用される加工です。

最後は「サーキットヒーターの密度」について。

アビエンマジックグリルは独自のサーキットヒーターが高密度で内蔵され、このとこにより熱が均一に伝わって焼きムラが少なく焦げにくい仕様に。

ブルーノコンパクトホットプレートは設定温度を自動で保つサーモスタットが備わっており、温度の上がりすぎを抑えます。

プレートの形に沿った2本のヒーターでプレートに熱を伝える、従来の一般的なホットプレートと同じ仕様となっています。

アビエンマジックグリルはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこちら↓↓↓


アビエンマジックグリルはこんな人におすすめ

アビエンマジックグリルは脚を取り外しプレートを丸洗いすることができますが、独自のコーティングでくっつかないので使用後は拭くだけでもOK。

さらにプレートの温度を均等に保つため、お肉系が美味しく焼けそうです。

従来のホットプレートは保管場所の確保に困るという難点がありましたが、脚とプレートで分解できるという革新的な仕様で幅を取りません。

従来のホットプレートで困ったことが多い人におすすめで、革新的なアビエンマジックグリルに感動する人も多いです。

アビエンマジックグリルはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこんな人におすすめ

プレートが2種類と蓋も付属しているので、様々な用途の選択が増えて料理の幅も広がります。

たこ焼き用のプレートはアヒージョやベビーカステラなど、アレンジレシピを多く作ることもできます。

蓋があるので餃子やハンバーグなどの料理で普段使いでき、デザイン性もありコンパクトなブルーノコンパクトホットプレートは食卓へ出しても違和感がありません。

せっかく買ったならたくさん使いたいという人におすすめで、普段使いできて使用頻度も増えることでしょう。

子供のいる家庭では食卓でホットプレートで料理を作るだけでパーティーのように感じられて、毎日のご飯が楽しくなるかもしれませんね。

アビエンマジックグリルはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこちら↓↓↓


アビエンマジックグリルとブルーノコンパクトホットプレートの違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

アビエンマジックグリルとブルーノコンパクトホットプレートの違いは本体の形状付属のプレートの種類温度設定の段階数および最低温度プレート表面の加工サーキットヒーターの密度でした。

それぞれのホットプレートに長所があり、作れる料理も様々。

どちらもプレートが取り外せるという点は、丸洗いすることができるので助かりますよね。

レシピサイトでホットプレートを使ったレシピもたくさん公開されていますので、ぜひホットプレートをご家庭に導入して料理の幅を広げましょう!

アビエンマジックグリルはこちら↓↓↓


ブルーノコンパクトホットプレートはこちら↓↓↓


さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
ホットプレート
noguchiをフォローする
わたしのオススメアイテムをご紹介します♪
タイトルとURLをコピーしました