バルミューダトースターとアラジングリル&トースターAGT-G13Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

トースター

バルミューダトースターとアラジングリル&トースターAGT-G13Aの違いを比較しました!

朝食にこんがりと焼けるトーストの香りは、食欲をグンと刺激してくれますね。

バルミューダトースターとアラジングリル&トースターAGT-G13Aの違いとは、それぞれどんな特徴があるのか調べてみました。

トーストを科学すると謳うバルミューダトースターvs.おいしさは進化すると謳うアラジングリル&トースターAGT‐G13A。どちらもトースターとしての機能をとことん追求した優れた商品ですね。

パンを焼くだけでなく、お菓子や料理まで幅広く使われるようになった近年のトースターの中でも、見た目もお洒落でインテリアのような雰囲気にあふれたバルミューダとアラジンのそれぞれの違いについてお伝えしていきたいと思います。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

バルミューダトースターとアラジングリル&トースターAGT-G13Aの違いを比較

①価格

②本体及び庫内のサイズ

③1度にトーストできる枚数

④タイマー時間と温度設定

⑤スチーム機能の有無

⑥焼き網のタイプ

⑦付属品

以上7点についてご説明します。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

<価格(税込)>

バルミューダトースターは¥27,940

アラジングリル&トースターAGT-G13A¥22,000

¥ 5,940もの価格差があります。

価格では大きな差がありますが、どのような機能や付属品の違いがあるのか、気になるところですね。

<本体及び庫内のサイズ>

バルミューダ

 ■本体:幅35.7㎝×奥行き32.1㎝×高さ20.9㎝

 ■トースター内サイズ:幅26.0㎝×奥行き16.5㎝×高さ7.5cm

アラジン

 ■本体:幅36cm×奥行き35.5cm×高さ25cm

 ■トースター内サイズ:幅31cm×28.5cm×8.7cm

アラジンの方が、本体も庫内も大き目なサイズになっています。

<1度にトーストできる枚数>

バルミューダは2枚を焼けるサイズ。

一方アラジンは広々した庫内で1度に4枚のトーストが焼けるサイズ。

ご家族が多い方にはアラジンは使い勝手が良いですね。

<タイマー時間と温度設定>

バルミューダは15分間タイマーと、170℃、200℃、230℃の温度設定が出来ます。

アラジンは同じく15分間タイマーですが、温度設定は100℃から280℃に無段階調節できます。グラファイトヒーターが0.2秒で発熱するアラジンは熱伝導率も高く、一気に高温にできるので時短にもなるのが特長です。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

<スチーム機能の有無>

スチームについては、バルミューダならではの機能で、アラジンには搭載されていません。

トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンと4種類のモードを備えているバルミューダトースターのスチーム機能については、こちらの動画でチェックしてください。

<焼き網のタイプ>

■バルミューダ

普通のストレートな線があるだけの焼き網なので、小さなものを調理する時には、アルミホイルを敷いたり、トレイにのせてから作業することになります。

■アラジン

目が細かいのが特徴です。網目の細かいアラジンだと、お餅を焼く時にもそのまま乗せられて便利です。

<付属品>

■バルミューダ 「5㏄カップ、取扱説明書、ガイドブック」

 オプション(有料)でレシピブック¥1,650(税込)と野田琺瑯ホワイトバッド21取\1,650(税込)を扱っています。

■アラジン 「深型と浅型のグリルパン、グリルネット、レシピブック」

グリルパンとグリルネットを使って、蒸したり焼いたり揚げたりと、様々な調理が出来ます。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

バルミューダトースターはこんな人におすすめ

スチーム機能を搭載したバルミューダトースターがピッタリの方は、ズバリ!トースト好きの方です。

朝は決まってパンとコーヒーという方には、適度なスチームで水分を逃すことなく、食パンもクロワッサンも、バケットも、カリッとふわっとした美味しさを堪能できます。

他にもグラタンや焼き魚など、通常のオーブンのように焼く作業も出来ますが、やはりパンのうま味を追求するためのトースターとして、パン好きの方にお勧めしたいです。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこんな人におすすめ

1度に4枚の食パンが焼ける。ここが家族が多い方には大事なポイントになると思います。忙しい朝には特に時短で済ませたいですから、スピーディーに作り上げたいですよね。

トーストだけでなく、グリルパンを使えば焼く、蒸す、煮るまで出来るから、お弁当の具を作るのも便利です。ご家族が多い方や、時短で色々な料理をしたい方にはアラジングリル&トースターAGT-G13Aをお勧めします。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

バルミューダトースターとアラジングリル&トースターAGT-G13Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

パンをただ焼くだけから、お菓子やお料理も出来るようになり、更にトーストを美味しく極めるための進化したオーブントースターが、続々出てくる時代になりました。

スチーム機能でパンの種類に応じた温めコースで表面はカリッと、中は水分を含んでふっくらと極上のうま味を追求したバルミューダトースター。

0.2秒で発熱し、一気に高温にした庫内で4枚のパンを焼いたり調理も出来たりと様々な機能を駆使できるアラジングリル&トースターAGT-G13A。

それぞれの優秀なポイントを上手に活用して、美味しい物をたくさん作れたらいいですね。

この記事が、ご自身に合った大切な一台を決めるためのお手伝いになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

バルミューダトースターはこちら↓↓↓


アラジングリル&トースターAGT-G13Aはこちら↓↓↓


関連記事はこちら➡バルミューダトースターの口コミ評価をレビュー!サイズやレシピについても調べてみました。

さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
トースター
doragaoをフォローする
わたしのオススメアイテムをご紹介します♪
タイトルとURLをコピーしました