パナソニック電動自転車ギュットアニーズとヤマハ電動自転車パスバビーの違いを比較!どっちがおすすめ?

電動自転車

ギュットアニーズとパスバビーの違いを比較しました!

たくさんの種類の電動アシスト付き自転車がありますね。

今回はパナソニック製ギュットアニーズと

ヤマハ製パスバビーの、それぞれの商品の違いや特長について

詳しくご紹介します。

通勤や通学、買い物や送迎に通院など、

車を運転しない方にとっては、

自転車は生活に欠かせない物ですね。

大きな金額をかけて買うものですから、

ご自分にとってどちらが合っているのか、

十分に比較してベストな1台を決めるための

参考にして頂ければと思います。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


パスバビーはこちら↓↓↓


ギュットアニーズとパスバビーの違いを比較!

ギュットアニーズとパスバビーの違い

・価格

・チャイルドシートが標準装備かどうか

・車体の総重量

・バッテリー容量と充電時間

・走行距離

以上5つの点について比較していきますね。

まずメーカー希望小売価格について。

ギュットアニーズは¥159,800

パスバビーは¥147,000と¥12,800の差があります。

これは2点目の違いであるチャイルドシートが、

パスバビーはオプション対応になっているので、

その分価格が安くなっています。

次に車体の重さですが

ギュットアニーズは34.4kg

パスバビーは27.6kgと約7kgもの差があります。

これもチャイルドシートが装着されていないための重さの違いと言えます。

ちなみにパスバビーでチャイルドシートが標準装備されている

PAS Babby un SP(メーカー希望小売価格\165,000)の総重量は、

33.1kgでギュットアニーズよりも1.1kg軽い仕様になっています。

しかし、メーカー希望小売価格については、

ギュットアニーズよりも\5,200高くなっています。

続いてバッテリー容量と充電時間についてご説明します。

ギュットアニーズは16.0Ahと大容量で充電時間は約4.5時間ほど。

パスバビーは12.3Ahで約3.5時間ほどの充電時間となっています。

この充電時間の1時間の差も急いで充電したい方にとっては、

長く感じることもあるでしょう。

最後に走行距離について。

ギュットアニーズは

①ロングの場合約80km

②オートマチックの場合約60km

③パワーの場合約50km

と公式HPに記載されています。

パスバビーは

①オートエコモードの場合約60km

②スマートパワーモードの場合約46km

③強モードの場合約41km

と公式HPに表記しています。

バッテリー容量も多いギュットアニーズのほうが、

当然走行距離も長く走れるようになっています。

アシストモードによって、

パスバビーよりも9㎞から20kmも長く走れるギュットアニーズは、

日々たくさんの時間を乗ることが多い人にとっては、

選ぶ際の大事なポイントの一つになりますね。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


パスバビーはこちら↓↓↓


ギュットアニーズはこんな人におすすめ

・ギュットアニーズだからこそできること

・だからどんな人におすすめか

ギュットアニーズのバッテリーは16.0Ahと、

電気アシスト自転車で多く採用されているバッテリーの中で、

一番容量の大きい物を採用しています。

日々長距離を乗る方や、バッテリー充電の回数を減らしたい方、

坂道でもパワフルな走りをしたい方や、

リア用チャイルドシートが標準装備なので、

お子様を乗せて出かけることが多いなど、

子育て中の方に特にお勧めの商品になっています。

車体はチャイルドシートなしのパスベビーより、

かなり重たいですが、

お子様を乗せて安定して長距離を走りたい方にとっては、

便利な機能を備えた自転車と言えますね。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


パスバビーはこんな人におすすめ

・パスバビーだからこそできること

・だからどんな人におすすめか 

ギュットアニーズとの大きな違いは、

車体の重さとバッテリー容量です。

チャイルドシートを必要としない方、

車体が少しでも軽く扱いやすい物の方が良い方、

ある程度の距離が走行できれば良い方に向いている商品です。

もちろんチャイルドシートが必要ならば別売りで装着できるので、

子育て中の方も使える商品ではあります。

シートなしの仕様なので、

通勤や通学などの普段使いにもピッタリの自転車ですね。

パスバビーはこちら↓↓↓


ギュットアニーズとパスバビーの違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

パナソニックのギュットアニーズとヤマハのパスバビーについて、

比較してきました。

ギュットアニーズはリア用チャイルドシートが標準装備されています。

バッテリーも16.0Ahと容量が多く長距離走行を可能としてくれます。

その分パスベビーより¥12,800も高くなります。

毎日の移動距離が長くて、バッテリーの充電の回数も減らしたい方には、

ギュットアニーズが合っています。

パスバビーはチャイルドシートが無く、

その分車体は軽くてギュットアニーズよりも価格が安い。

お子様を乗せるのを重視せず、普段のご自身用の自転車として

愛用したい方向けの商品です。

それぞれ保証期間は8年間と同じなので、

ご自身にとっての優先順位を決めて、じっくり比較検討して、

満足のいく電動アシスト自転車を手に入れるための

参考になれば幸いです。

ギュットアニーズもパスバビーもアシスト力は申し分ありません!

坂道も楽らく走れます!

ぜひギュットアニーズかパスベビーにするか、じっくりご検討ください。

ギュットアニーズはこちら↓↓↓


パスバビーはこちら↓↓↓


さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
電動自転車
doragaoをフォローする
わたしのオススメアイテムをご紹介します♪
タイトルとURLをコピーしました